機能Recover_the_file ()、スクリーンのカーソルを隠すか、または示すためにend_fileセクター数にstart_fileセクター数から始まってセクターのデータを救う機能プログラム

Data Recovery PRO DATA DOCTOR

Home | Order Online | Downloads | Contact Us | Software Knowledgebase

it | es | pt | fr | de | jp | kr | cn | ru | nl | gr


機能Recover_the_fileのコーディングは()次に与えられてしまった:

/*セクターから始まってセクターのデータを救う機能はend_fileセクター数にstart_file番号を付ける */

Recover_the_file()
{
FILE *fp;
if((fp=fopen(filename, "wb"))==NULL)
{
gotoxy(10,23);printf("Error Opening File %s",
filename);
getch();
exit(1);
}

for(i=start_file;i<=end_file;i++)
{
gotoxy(19,16);cprintf("Scanning Sector Number =
%ld", i);
readabsolutesectors ( 0x81, i, 1, buffer );
fwrite(buffer,512,1, fp);
}
fclose(fp);
gotoxy(15,18);cprintf("[ %d ] Files Recovered...",num);
gotoxy(5,19);cprintf(" ");
return;
}


機能readabsolutesectorsのコーディングは次に与えられてしまった。 機能はINT 13H延長および機能数42Hをセクターを読むのに使用する。

機能の詳細な説明のために、この本で先に論議されるバックアップ」を作る章を「参照しなさい。 機能のコーディングは次の通りある:

//// 絶対セクターを読む機能 \\\\

int readabsolutesectors ( int drive,
unsigned long sectornumber,
int numofsectors,
void *buffer )
{

union REGS i, o ;
struct SREGS s ;
struct diskaddrpacket pp ;

pp.packetsize = 16 ; /* 包みのサイズ= 10H */

pp.reserved = 0 ; /* 予約= 0 */

pp.blockcount = numofsectors ; /* 読むべきセクターの数*/

/* データバッファのため */

pp.bufferaddress = (char far*) MK_FP ( FP_SEG((void far*)buffer), FP_OFF((void far*)buffer));

pp.blocknumber[0] = sectornumber ; /* 読むべきセクター数 */

pp.blocknumber[1] = 0 ; /* ブロック番号 */

i.h.ah = 0x42 ; /* 機能数*/

i.h.dl = drive ; /* 物理的なドライブ数 */

/* ds: 緩衝変数のためのsi */
i.x.si = FP_OFF ( (void far*)&pp ) ;

/* ds: 緩衝変数のためのsi */
s.ds = FP_SEG ( (void far*)&pp ) ;

/* 区分の記録の価値のINT 13Hの指定機能を実施しなさい */

int86x ( 0x13, &i, &o, &s ) ;
if ( o.x.cflag==1)
return 0 ; //失敗

else
return 1 ; // 成功
}

次の機能がスクリーンのカーソルを隠すか、または示すのに使用されている。 機能使用はカーソルのタイプを置くために10Hの機能01Hを中断する。 コーディングは次の通りある:

show_hide_cursor( ssl, esl )
int ssl, esl ;
{
union REGS i, o ;

i.h.ah = 1 ;
i.h.ch = ssl ;
i.h.cl = esl ;
i.h.bh = 0 ;

int86 ( 16, &i, &o ) ;
return;
}

show_hide_cursor (32、0)はカーソルおよびshow_hide_cursor (6、7)を取り出すカーソルを隠す。 sslはカーソルのためのスタートラインであり、eslはカーソルのための最終行である。

INT 10Hの機能01Hの小さい記述は次の通りある:

INT 10H (16 or 0x10)

機能01H (または0x01) -->カーソルのタイプを置きなさい

Call with: AH = 01H
CH bits 0-4 = starting line for cursor
CL bits 0-4 = ending line for cursor

Returns: Nothing.

コメント:

テキストの表示モードの点滅ハードウェアカーソルに開始および最終行を選ぶことによって機能がカーソルのタイプを置くのに使用されている。 グラフィックモードでは、ハードウェアカーソルは利用できない。

Sample Chapters from book DATA RECOVERY WITH AND WITHOUT PROGRAMMING by Author Tarun Tyagi
Data Recovery with & without Programming


Publishers of the Book
Number of Pages
ISBN
Price of the Book


BPB Publications, New Delhi, India
540
81-7656-922-4
$69.00 (Including Shipping Charges, Cost of Book and Other expenses, Free Source Code CD included with the Book)





Buy Data recovery Book

Previous page

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6

 


 

Chapter 15

 
 

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17

Next page

 

© Copyright 2002-2005 DataDoctor.Biz

Home | Contact us | Downloads | Services | Terms and conditions | Site map

Website Data Recovery | recuperación de Datos | Récupération de données | Datenrettung | Recupero dati | データ復旧 | 데이터 복구 | 数据恢复 | Восстановление данных | De terugwinning van gegevens | Ανάκτηση δεδομένων
Sitemap Site map1 2 3 4 | Spanish1 2 3 | French1 2 3 | German1 2 3 | Italian1 2 3 | Portuguese1 2 3 | Japanese1 2 3 | Korean1 2 3 | Chinese1 2 3 | Russian1 2 3 | Dutch1 2 3 | Greek1 2 3
Data Recovery Book English | Spanish | French | German | Italian | Portuguese | Japanese | Korean | Chinese | Russian | Dutch | Greek