それはひものASCII文字によってcで内部的に表され、特別な空白文字の「\ 0によって」終わる従ってプログラムはひもの端を見つけることができる。 ひもの定数は変数と関連付けることができる。 cは1つの特性(1バイト)を一度に含むことができる特性タイプ変数を提供する、

Data Recovery PRO DATA DOCTOR

Home | Order Online | Downloads | Contact Us | Software Knowledgebase

it | es | pt | fr | de | jp | kr | cn | ru | nl | gr


文字配列

ひもの定数、のような

"I am a string"

特性の配列はある。 それはひものASCII文字によってcで内部的に表される、すなわち、「私」、ブランク、「a」、「m」、…または上記のひもは、および特別な空白文字の「\ 0」従ってプログラムによって終えられてひもの端を見つけてもいい。

ひもの定数はコードの出力をさせることで頻繁に使用されるprintfを使用してわかりやすく:

printf("Hello, world\n");
printf("The value of a is: %f\n", a);

ひもの定数は変数と関連付けることができる。 cは1つの特性(1バイト)を一度に含むことができる特性タイプ変数を提供する。 文字ストリングは特性タイプ、位置ごとの1つのASCII文字の配列で貯えられる。

ひもが空白文字の「\ 0」によって通常終わるので、私達は配列の1つの余分ストレージロケーションを要求することを決して忘れてはいけない。

cは全体のひもをすぐに処理するオペレータを提供しない。 ひもはポインターまたは標準的なひもの図書館string.h.から利用できる特別なルーチンによって処理される。

特性を使用してポインターは配列の名前が最初要素にポインターちょうどであるので比較的容易である。 プログラムを次に与えられたと考慮しなさい:

#include<stdio.h>

void main()

{
char text_1[100], text_2[100], text_3[100];
char *ta, *tb;
int i;

/* arrrayあるためにメッセージを置きなさい */
/* 特性の; それを初期設定しなさい */
/* 一定したひもに「…」 */
/* 編集者が決定するようにしなさい */
/* 使用によるそのサイズ[] */

char message[] = "Hello, I am a string; what are
you?";

printf("Original message: %s\n", message);

/* text_1にメッセージをコピーしなさい */

i=0;

while ( (text_1[i] = message[i]) != '\0' )
i++;

printf("Text_1: %s\n", text_1);

/*使用明確なポインターの算術 */

ta=message;
tb=text_2;

while ( ( *tb++ = *ta++ ) != '\0' )
;

printf("Text_2: %s\n", text_2);

}

プログラムの出力は次の通りある:

Original message: Hello, I am a string; what are you?
Text_1: Hello, I am a string; what are you?
Text_2: Hello, I am a string; what are you?

標準的な「ひも」の図書館は多くの有用な私達がひもセクションで後で学ぶひもを処理するために機能を含んでいる。

Sample Chapters from book DATA RECOVERY WITH AND WITHOUT PROGRAMMING by Author Tarun Tyagi
Data Recovery with & without Programming


Publishers of the Book
Number of Pages
ISBN
Price of the Book


BPB Publications, New Delhi, India
540
81-7656-922-4
$69.00 (Including Shipping Charges, Cost of Book and Other expenses, Free Source Code CD included with the Book)





Buy Data recovery Book

Previous page

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20

 
 

page 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

 
 

page 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54

 
 

page 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60

Next page

© Copyright 2002-2005 DataDoctor.Biz

Home | Contact us | Downloads | Services | Terms and conditions | Site map

Website Data Recovery | recuperación de Datos | Récupération de données | Datenrettung | Recupero dati | データ復旧 | 데이터 복구 | 数据恢复 | Восстановление данных | De terugwinning van gegevens | Ανάκτηση δεδομένων
Sitemap Site map1 2 3 4 | Spanish1 2 3 | French1 2 3 | German1 2 3 | Italian1 2 3 | Portuguese1 2 3 | Japanese1 2 3 | Korean1 2 3 | Chinese1 2 3 | Russian1 2 3 | Dutch1 2 3 | Greek1 2 3
Data Recovery Book English | Spanish | French | German | Italian | Portuguese | Japanese | Korean | Chinese | Russian | Dutch | Greek