鑑定器は変数、機能、データ定義、等の自動壊れ目の場合の木炭のconstのためにintの長い記録のリターン不足分がsizeofの静的なstructスイッチtypedef連合無署名の無効の揮発性に間、署名する続けるデフォルトを倍増するgotoのための他のenumのエキスターンの浮遊物を使用される

Data Recovery PRO DATA DOCTOR

Home | Order Online | Downloads | Contact Us | Software Knowledgebase

it | es | pt | fr | de | jp | kr | cn | ru | nl | gr


私達を始まることを許可しなさい

あらゆる言語の何でもし、プログラムし始めることができる前に鑑定器を示す方法を知らなければならない。 鑑定器は変数、機能、データ定義、等のために使用される。 cのプログラミング言語では、鑑定器は英数字、最初のアルファベットまたは下線の手紙であること、および残りのアルファベットの手紙、数字ディジット、または下線であることの組合せである。

2つの規則は鑑定器を示した場合心に留めておかれなければならない。

  1. 英字の箱は重要である。 cは大文字/小文字の区別がある言語である。 それは回復が回復と異なって、回復が前に述べられる両方と異なっていることを意味する。
  2. ANSI-Cの標準に従って、少なくとも31の重要な特性は使用することができ、合わせるANSI-Cの編集者によって重要考慮される。 31以上使用されれば、第31を越えるすべての特性はある特定の編集者によって無視されるかもしれない

キーワード

c.のキーワードと定義される32ワードがある。 これらは使用をあらかじめ定義し、他のどの目的にCプログラムで使用することができない。 それらはプログラムの編集への援助として編集者によって使用される。 彼らは小文字で常に書かれる。 完全なリストは続く:

auto
break
case
char
const
continue
default
do
double
else

enum
extern
float
for
goto
if
int
long
register
return
short
signed
sizeof
static
struct
switch
typedef
union
unsigned
void
volatile
while


ここに私達はc.のマジックを見る。 32のキーワードだけのすばらしいコレクションは異なった適用の広い使用を与える。 どの計算機プログラムでも、データ考慮するべき2つの実体およびプログラムがある。 それらは互いに非常に依存して、両方の注意深い計画は十分に計画された、よく書けたプログラムをもたらす。

私達を簡単なCプログラムから始まることを許可しなさい:

/* cを学ぶ最初プログラム */

#include <stdio.h>

void main()
{
printf("This is a C program\n"); // メッセージの印刷
}

プログラムが非常に簡単であるけれども、少数のポイントはノートの価値がある。 私達を上記のプログラムを検査することを許可しなさい。 中/*であるすべては*/コメントとして考慮され、編集者によって無視され。 他のコメント内のコメントを含むべきでない従ってそのようなことは許可されない:

/* これは*/間違っているコメントの中の…/*のコメントである、 */

またラインの内で働くドキュメンテーションの方法がある。 //の使用によって私達はそのライン内の小さいドキュメンテーションを加えてもいい。

Sample Chapters from book DATA RECOVERY WITH AND WITHOUT PROGRAMMING by Author Tarun Tyagi
Data Recovery with & without Programming


Publishers of the Book
Number of Pages
ISBN
Price of the Book


BPB Publications, New Delhi, India
540
81-7656-922-4
$69.00 (Including Shipping Charges, Cost of Book and Other expenses, Free Source Code CD included with the Book)





Buy Data recovery Book

Previous page

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20

 
 

page 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

 
 

page 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54

 
 

page 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60

Next page

© Copyright 2002-2005 DataDoctor.Biz

Home | Contact us | Downloads | Services | Terms and conditions | Site map

Website Data Recovery | recuperación de Datos | Récupération de données | Datenrettung | Recupero dati | データ復旧 | 데이터 복구 | 数据恢复 | Восстановление данных | De terugwinning van gegevens | Ανάκτηση δεδομένων
Sitemap Site map1 2 3 4 | Spanish1 2 3 | French1 2 3 | German1 2 3 | Italian1 2 3 | Portuguese1 2 3 | Japanese1 2 3 | Korean1 2 3 | Chinese1 2 3 | Russian1 2 3 | Dutch1 2 3 | Greek1 2 3
Data Recovery Book English | Spanish | French | German | Italian | Portuguese | Japanese | Korean | Chinese | Russian | Dutch | Greek