記憶を解放するcの構造は自由に声明、基本データのタイプtypedefの作用する、cに共通の一流のユーザー定義のタイプデータタイプの下で互いに関連付けられ、構造に加えられる変数名によってが構造の規制詞のメンバーであるデータ項目を分ける構造のメカニズムがある

Data Recovery PRO DATA DOCTOR

Home | Order Online | Downloads | Contact Us | Software Knowledgebase

it | es | pt | fr | de | jp | kr | cn | ru | nl | gr


記憶の解放

割振られた記憶と終わったら、資源を自由に使えるようにし、速度を増進するので決して記憶を解放することを忘れるべきでない。 解放することは記憶を、使用する自由な機能を割振った。

free(ptr);

Structures

基本データのタイプと同様、cに共通の名前の下で互いに関連付けられるデータ項目を分けることを可能にする構造のメカニズムがある。 これはユーザー定義のタイプと一般に言われる。

キーワードのstructは構造定義を始め、札は構造に固有の名前を与える。 構造に加えられるデータタイプおよび変数名は構造のメンバーである。 結果はタイプ規制詞として使用されるかもしれない構造の型板である。 次は月の札が付いている構造である。

struct month
{
char name[10];
char abbrev[4];
int days;
};

構造のタイプは通常typedefの声明を使用してファイルの開始に近く定義される。 typedefは新型を定義し、示し、プログラム全体を通す使用を許可する。 typedefは通常ファイルの#defineおよび#includeの声明の直後に起こる。

構造よりもむしろ構造の名前のstructのキーワードを指定することを示すためにtypedefのキーワードが単語を定義するのに使用されるかもしれない。 それは通常大文字でtypedefを示すためにである。 構造定義の例はここにある。

typedef struct {
char name[64];
char course[128];
int age;
int year;
} student;
これはタイプ学生の変数が次の通り宣言することができる新型学生を定義する。
student st_rec;

類似したこれがintか浮遊物の宣言にいかにあるか通知。 変数名はst_rec、それ持っている名前、コース、年齢および年と電話されるメンバーをである。 同様に、

typedef struct element
{
char data;
struct element *next;
} STACKELEMENT;
ユーザー定義のタイプstructの要素の変数は今次の通り宣言されるかもしれない。
STACKELEMENT *stack;

次の構造を考慮しなさい:

struct student
{
char *name;
int grade;
};

struct学生へのポインターは次の通り定義されるかもしれない。

struct student *hnc;
ポインターに、メンバーのポインターオペレータ構造にアクセスした場合、- >点オペレータの代りに使用される。 等級を構造に加えるため、
s.grade = 50;

構造に等級を次の通り割り当てることができる。

s->grade = 50;
基本データのタイプと同じように、耐久性があるために行なわれている渡された変数への機能の変更がほしいと思えば参照を渡らなければならない(住所を渡しなさい)。 メカニズムは基本データのタイプと丁度同じである。 住所を渡し、変数をポインター表示法を使用して参照しなさい。

Sample Chapters from book DATA RECOVERY WITH AND WITHOUT PROGRAMMING by Author Tarun Tyagi
Data Recovery with & without Programming


Publishers of the Book
Number of Pages
ISBN
Price of the Book


BPB Publications, New Delhi, India
540
81-7656-922-4
$69.00 (Including Shipping Charges, Cost of Book and Other expenses, Free Source Code CD included with the Book)





Buy Data recovery Book

Previous page

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20

 
 

page 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

 
 

page 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54

 
 

page 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60

Next page

© Copyright 2002-2005 DataDoctor.Biz

Home | Contact us | Downloads | Services | Terms and conditions | Site map

Website Data Recovery | recuperación de Datos | Récupération de données | Datenrettung | Recupero dati | データ復旧 | 데이터 복구 | 数据恢复 | Восстановление данных | De terugwinning van gegevens | Ανάκτηση δεδομένων
Sitemap Site map1 2 3 4 | Spanish1 2 3 | French1 2 3 | German1 2 3 | Italian1 2 3 | Portuguese1 2 3 | Japanese1 2 3 | Korean1 2 3 | Chinese1 2 3 | Russian1 2 3 | Dutch1 2 3 | Greek1 2 3
Data Recovery Book English | Spanish | French | German | Italian | Portuguese | Japanese | Korean | Chinese | Russian | Dutch | Greek