cでは変数はコードのあらゆるブロックのはじめに宣言することができるがほとんどは各機能のはじめにある。 変数はブロックのはじめに機能ボディのはじめに(支柱間で{および})、これ通常ある定義されるかもしれない、しかしまた別のタイプのブロックのはじめにあるかもしれない。

Data Recovery PRO DATA DOCTOR

Home | Order Online | Downloads | Contact Us | Software Knowledgebase

it | es | pt | fr | de | jp | kr | cn | ru | nl | gr


変数を使用して

cでは、変数は使用することができる前に宣言されなければならない。 変数はコードのあらゆるブロックのはじめに宣言することができるがほとんどは各機能のはじめにある。 ほとんどのローカル変数は機能が呼ばれる作成され、その機能からのリターンでとき破壊される。

名前をcの変数に与えた場合あなたのCプログラムで変数を使用するためには、次の規則を知らなければならない:

  • 名前は手紙、ディジットおよび下線の特性を含むことができる(_)。
  • 名前の最初の特性は手紙でなければならない。 下線はまた法的最初特性であるが、使用は推薦されない。
  • 従ってcは大文字/小文字の区別がある数字変数名数字と異なっている。
  • cのキーワードは変数名として使用することができない。 キーワードはC言語の部分の単語である。

次のリストは法的および違法cの変数名のある例を含んでいる:

 

変数名

法的またはない

Num

法的

Ttpt2_t2p

法的

 Tt pt

違法: スペースは許可されない

_1990_tax

法的しかし助言されない

Jack_phone#

違法: 不正文字を#含んでいる

Case

違法: cのキーワードはある

1book

違法: 最初特性はディジットである

際立っている最初の新しい事は本管のボディの最初のラインである():

int num = 10;

このラインはタイプintの「数字と」示される変数を定義し、価値10との初期設定する。 これはまた次のように書かれているかもしれない:

int num; /* 定義しなさい初期設定されていなく可変的な「数字を」 */

/* そしてすべての可変的な定義の後で: */

num = 10; /* 割り当てる可変的な「数字」に価値10を */

変数はブロックのはじめに機能ボディのはじめに(支柱間で{および})、これ通常ある定義されるかもしれない、しかしまた別のタイプのブロックのはじめにあるかもしれない。

「自動」状態へのブロックのデフォルトの初めに定義される変数。 これはそれらがブロックの実行中だけにあることを意味する。 機能実行が始まる場合、変数は作成される内容は未定義である。 機能が戻る場合、変数は破壊される。 定義はまた次のように書かれていたかもしれない:

auto int num = 10;

自動キーワードの有無にかかわらず定義が完全に同等であるので、自動キーワードは明らかに幾分余分である。

但し、時々これはほしいと思うものがでない。 何時間を保って呼ばれるか機能にの計算をほしいことを仮定しなさい。 変数が機能リターン必ず破壊されたら、これは可能でない。

従って静的な持続期間そのまま平均がプログラムの全実行中にそれとどまる呼ばれる何が変数を与えることは可能である。 例えば:

static int num = 10;

これは10にプログラム実行の初めに数字変数を初期設定する。 それ以来価値は触れられていなく残る; 変数は機能が多数の時呼ばれれば初期設定をやり直されない。

変数が1つの機能だけから入手しやすいか、またはそれを必要とする他のすべての機能に変数によって価値を渡すことは便利でないかもしれないことは時々十分でない。

Sample Chapters from book DATA RECOVERY WITH AND WITHOUT PROGRAMMING by Author Tarun Tyagi
Data Recovery with & without Programming


Publishers of the Book
Number of Pages
ISBN
Price of the Book


BPB Publications, New Delhi, India
540
81-7656-922-4
$69.00 (Including Shipping Charges, Cost of Book and Other expenses, Free Source Code CD included with the Book)





Buy Data recovery Book

Previous page

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20

 
 

page 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

 
 

page 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54

 
 

page 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60

Next page

© Copyright 2002-2005 DataDoctor.Biz

Home | Contact us | Downloads | Services | Terms and conditions | Site map

Website Data Recovery | recuperación de Datos | Récupération de données | Datenrettung | Recupero dati | データ復旧 | 데이터 복구 | 数据恢复 | Восстановление данных | De terugwinning van gegevens | Ανάκτηση δεδομένων
Sitemap Site map1 2 3 4 | Spanish1 2 3 | French1 2 3 | German1 2 3 | Italian1 2 3 | Portuguese1 2 3 | Japanese1 2 3 | Korean1 2 3 | Chinese1 2 3 | Russian1 2 3 | Dutch1 2 3 | Greek1 2 3
Data Recovery Book English | Spanish | French | German | Italian | Portuguese | Japanese | Korean | Chinese | Russian | Dutch | Greek