揮発静的なキーワードの修飾詞の可変的な定義および記録の修飾語貯蔵のクラスは、そこにより少なく一般的の2つのより多くの修飾語である。 揮発性および記録の修飾語。 これは目的等を処理するmultithreadingおよび割り込みのために主に使用される。

Data Recovery PRO DATA DOCTOR

Home | Order Online | Downloads | Contact Us | Software Knowledgebase

it | es | pt | fr | de | jp | kr | cn | ru | nl | gr


しかし全体の原始ファイルですべての機能からの変数へのアクセスを必要とすれば、これまた静的なキーワードと、すべての機能の外の定義を置くことによってされる缶。 例えば:

#include <stdio.h>

static int num = 10; /* 全体の原始ファイルから入手しやすいがありなさい */

int main(void)
{
printf("The Number Is: %d\n", num);
return 0;
}

そしてまた変数が複数の原始ファイルから成るかもしれない全体のプログラムから入手しやすいです必要がある場合がある。 これはそれが要求されないときグローバル変数と呼ばれ、避けるべきである。

これはまたすべての機能の外の、静的なキーワードを使用しないで定義を置くことによってされる:

#include <stdio.h>

int num = 10; /*全体のプログラムから入手しやすいがありなさい! */

int main(void)
{
printf("The Number Is: %d\n", num);
return 0;
}

また他のモジュールでアクセスのグローバル変数のために使用されるエキスターンのキーワードがある。 またあなたが可変的な定義に加えることができる少数の修飾詞がある。 それらの最も重要のconstである。 constが変更されないかもしれないので定義される変数。

より少なく一般的の2つのより多くの修飾語がある。 揮発性および記録の修飾語。 揮発修飾語はそれが読まれる度に編集者が実際に変数にアクセスするように要求する。 それはのまたはそうそれを記録置くことによって変数を最大限に活用しないことができる。 これは目的等を処理するmultithreadingおよび割り込みのために主に使用される。

記録の修飾語は編集者を記録に変数を最大限に活用するように要求する。 これは自動変数とだけ可能であり、多くの場合編集者は選り抜き記録に最大限に活用するべき変数をよくすることができる従ってこのキーワードはすたれかかっている。 可変的な記録の唯一の直接結果は住所が取ることができないことである。

次のページで与えられる変数のテーブルは5タイプの貯蔵のクラスの貯蔵のクラスを記述したものだ。

テーブルで私達はエキスターンキーワードが2列に置かれることを見る。 機能でエキスターンのキーワードが他の所で定義される静的で外的な変数を宣言するのに使用されている。

可変的な貯蔵のクラス

定義されるように

規模

クラス

キーワード

自動

キーワードは任意である

一時的

機能

ローカル

静的

静的

一時的

機能

ローカル

記録

記録

一時的

機能

ローカル

外面

任意

永久的

機能の外

全体的(すべてのファイル)

外面

静的

永久的

機能の外

全体的(1つのファイル)

 

Sample Chapters from book DATA RECOVERY WITH AND WITHOUT PROGRAMMING by Author Tarun Tyagi
Data Recovery with & without Programming


Publishers of the Book
Number of Pages
ISBN
Price of the Book


BPB Publications, New Delhi, India
540
81-7656-922-4
$69.00 (Including Shipping Charges, Cost of Book and Other expenses, Free Source Code CD included with the Book)





Buy Data recovery Book

Previous page

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20

 
 

page 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

 
 

page 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54

 
 

page 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60

Next page

© Copyright 2002-2005 DataDoctor.Biz

Home | Contact us | Downloads | Services | Terms and conditions | Site map

Website Data Recovery | recuperación de Datos | Récupération de données | Datenrettung | Recupero dati | データ復旧 | 데이터 복구 | 数据恢复 | Восстановление данных | De terugwinning van gegevens | Ανάκτηση δεδομένων
Sitemap Site map1 2 3 4 | Spanish1 2 3 | French1 2 3 | German1 2 3 | Italian1 2 3 | Portuguese1 2 3 | Japanese1 2 3 | Korean1 2 3 | Chinese1 2 3 | Russian1 2 3 | Dutch1 2 3 | Greek1 2 3
Data Recovery Book English | Spanish | French | German | Italian | Portuguese | Japanese | Korean | Chinese | Russian | Dutch | Greek