指定はdos命令のワイルドカードをマイクロソフトのディスクオペレーティングシステムのすべての近道および意味の構文法および重要性の*切り詰めるか。

Data Recovery PRO DATA DOCTOR

Home | Order Online | Downloads | Contact Us | Software Knowledgebase

it | es | pt | fr | de | jp | kr | cn | ru | nl | gr


指定の近道、ワイルドカードおよび再方向付け

近道

いくつかのdos命令は登録簿の間で運行するときある特定の近道を確認する。 これらの最もよく知られたの次のとおりである:

近道

 それを使用するためになぜ

.

ワーキング・ディレクトリを参照するため

..

親登録簿を参照するため

\

現在のドライブのルートディレクトリを参照するため。

ドライブ:

ドライブのワーキング・ディレクトリを参照するため

私達を例の助けによってそれを理解することを試みることを許可しなさい。 cのワーキング・ディレクトリ: ドライブはc:\windows\java\notesのそしてdir cである: a:\ >プロンプトにc:\windows\java\notesのファイルをリストする

  1. 現在のドライブおよび登録簿がc:\data\docs\lettersなら、そして:

命令

.

..

...

\

CD
or
CHDIR

Nothing.
Current directory stays as: c:\windows\ java\notes

Change to parent directory: c:\windows\java

Change to parent's parent directory:
c:\windows

Change to root directory: c:\

DIR

Displays contents of current directory:
c:\windows\ java\notes

Displays contents of parent directory: c:\windows\java

Displays contents of parent's parent directory: c:\windows

Displays contents of root directory: c:\

 

  1. 現在のドライブおよび登録簿がc:\なら、そして:

命令

.

..

...

\

CD
(ChDir)

何も-ワーキング・ディレクトリは次のようにとどまる: c:\

エラーメッセージ:
「無効な登録簿」

エラーメッセージ:
「無効な登録簿」

何も。
ワーキング・ディレクトリは次のようにとどまる: c:\

DIR

ワーキング・ディレクトリの表示内容: c:\

エラーメッセージ: 「無効な登録簿」

表示登録簿および延長ワーキング・ディレクトリのより少ないファイル

ルートディレクトリの表示内容: c:\

 

ワイルドカード

多くのdos命令は、ATTRIB、コピー、DEL、DELTREE、等、受け入れる「ワイルドカード」の使用を好む(*か。)。 一般に言葉、*多数の特性を参照するか。 ファイルまたはディレクトリ名の単一の特性を参照する。

これは私達があらゆるファイルの名でこれらの特性を使用できない理由である。 これらの特殊文字は/\である: *か。 < > 「|ファイル名前で挿入するために試みられるべきな。 続くテーブルはワイルドカードの使用を示したものだ:

ワイルドカード

それが何を

*.*

すべての延長のすべてのファイル。

*data*.*

名前の「データ」のすべてのファイルどこでも。

*array.*

「配列で」終わる名前のすべてのファイル

ノートか。.cpp

すべてのファイルは1つの特性とそして.CPP延長の「ノート」を示した。 このファイルはnote1.cpp、ないnote.cppであるかもしれない。

か。t*.*

名前の2番目の文字として「t」のすべてのファイル


すべての命令が同じ方法でワイルドカードを丁度扱わないことが注意されるべきである。 例えばDIR *およびDIR *.*は延長なしで同義しかしDELとして考慮される*ファイルだけ削除する。

逆にされたコンマによって囲まれているスペースはEDITおよびDELによってけれども幾分別の方法で有効なファイル仕様書として(「「)受け入れられる。

EDITはワーキング・ディレクトリの名前を使用してファイルを開ける。 従ってワーキング・ディレクトリがD:\windows\java\notesなら、EDITは「「登録簿が「ノート」を呼んだことファイルを作成する。

DELは*.*として「「確認し、確認のために登録簿のすべてのファイルを削除する前に促す。 EDITと同じように、逆にされたコンマ間のスペースの数は重要ではないようでないスペースがなければエラーメッセージは表示された格言その必須変数行方不明である。

EDITとは違って、道は含まれる、あれば、逆にされたコンマ間のスペースは要求されない。 すなわちワーキング・ディレクトリのすべてのファイルを削除するため:

DEL. /""は働くが、del ""はエラーメッセージを伝える。

コピーはまた*.*が、DELのような、それの道を受け入れると同時に「「見。 DELとは違って、道が含まれている時でさえ逆にされたコンマ間にスペースがなければ常にならない

Sample Chapters from book DATA RECOVERY WITH AND WITHOUT PROGRAMMING by Author Tarun Tyagi
Data Recovery with & without Programming


Publishers of the Book
Number of Pages
ISBN
Price of the Book


BPB Publications, New Delhi, India
540
81-7656-922-4
$69.00 (Including Shipping Charges, Cost of Book and Other expenses, Free Source Code CD included with the Book)





Buy Data recovery Book

Previous page

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15

Next page

© Copyright 2002-2005 DataDoctor.Biz

Home | Contact us | Downloads | Services | Terms and conditions | Site map

Website Data Recovery | recuperación de Datos | Récupération de données | Datenrettung | Recupero dati | データ復旧 | 데이터 복구 | 数据恢复 | Восстановление данных | De terugwinning van gegevens | Ανάκτηση δεδομένων
Sitemap Site map1 2 3 4 | Spanish1 2 3 | French1 2 3 | German1 2 3 | Italian1 2 3 | Portuguese1 2 3 | Japanese1 2 3 | Korean1 2 3 | Chinese1 2 3 | Russian1 2 3 | Dutch1 2 3 | Greek1 2 3
Data Recovery Book English | Spanish | French | German | Italian | Portuguese | Japanese | Korean | Chinese | Russian | Dutch | Greek