、アーカイブ読み取り専用、MS-DOS版ATTRIBシステムおよび隠された複数システムの属性の一定のワイルドカード(か。 そして*)ワーキング・ディレクトリのCDを変える属性を割り当てる方法を

Data Recovery PRO DATA DOCTOR

Home | Order Online | Downloads | Contact Us | Software Knowledgebase

it | es | pt | fr | de | jp | kr | cn | ru | nl | gr


MS-DOS版7.0 (Windows 95)

dosはdosおよびWindows 3.xの塗布の下位互換性にWindows 95を与えられる。 私達を次のテーブルのWindowsにMS-DOSの進化を見ることを許可しなさい:

MS-DOS版

ノートおよびコメント

MS-DOS 1.0

1981年にIBMのPCの最初オペレーティングシステム

MS-DOS 1.25

両面ディスクサポートおよびバグフィックスは加えた

MS-DOS 2.0

 

1983年にIBM PC/XTおよび階層的なファイル構造およびハードディスクのサポートを持っていることはと導入されて加えた。

MS-DOS 2.01

国際的なサポートとの2.0

MS-DOS 2.11

バグフィックスとの2.01

MS-DOS 2.25

延長文字セットのためのサポート

MS-DOS 3.0

1.2MBフロッピーディスクおよびより大きいハードディスクのためのサポートは加えた

MS-DOS 3.1

マイクロソフトネットワークのためのサポートは加えた

MS-DOS 3.2

加えられるディスク3.5インチののために支えなさい

MS-DOS 3.3

一般化されたコードページ(壷)サポート

MS-DOS 4.0

論理的な容積より大きいそして32 mbおよび視覚貝のためのサポート

Windows 1.0

MS-DOSのためのグラフィカルユーザーインタフェース

Windows 2.0

OS/2、提示のマネージャーとの両立性

Windows 95

使用された版4.00.950

Windows 95 se

使用された版4.00.1111

Windows 98

使用された版4.10.1998

Windows 98第2版           

使用された版4.10.2222

Windows Millennium

使用された版4.90.3000

Windows NT

使用された版4.0

Windows 2000

使用された版5.00.2195

Windows XP

使用された版5.1.2600


必要な命令

私達を私達がプログラミングおよび非プログラミング技術によってデータを回復することを試みている間有用かもしれないある重要な命令を学ぶことを許可しなさい:

ATTRIB

ATTRIB命令は4つの属性、アーカイブ読み取り専用、ファイルおよび登録簿に割り当てることができるシステムの1つ以上を表示するか、置くか、または取除く使用され隠れる。 普通読み取り専用の、隠された、およびシステム属性を取除くことを使用する従ってあることができないようにファイルはまたまたは置くそれらを動くか、または削除することができる。

構文法:

ワーキング・ディレクトリのすべてのファイルの属性の設定を表示するため:

ATTRIB

登録簿の属性を表示するため:

ATTRIB directoryname

ファイルの属性を表示するため:

ATTRIB filename

ファイルまたは登録簿の属性を取除くため置くか、または:

ATTRIB [ + | - R] [ + | - A] [ + | - S] [ + | - H] [directory|filename] [/S]
+ Sets an attribute, - Clears an attribute.

R

読取り専用ファイルの属性。

A

公文書ファイルの属性。

S

システム・ファイルの属性

H

隠されたファイル属性。

/S

プロセスは指定道のすべての登録簿でファイルする。

読み取り専用属性はファイルがアクセスされるように変更されないようにする。 システム属性は普通きちんと荷を積むためにdosかWindowsに必要のファイルのために予約である。 隠された属性セットが付いているファイルそして登録簿は登録簿のリストまたはファイルを開くのダイアログボックスで普通表示されない。

隠れるホールダーの通常の理由はそれらがシステムまたはプログラム操作にとって重要、偶然の整頓された操作で削除されるか、または動くべきでないのである。 隠されたおよびシステムホールダーにまた頻繁に置かれた読み取り専用属性がある。

複数の属性はスペースで分かれているスイッチの結合によって置かれるか、または取り除くことができる。 ファイルおよび登録簿が両方ATTRIBを使用して割り当てられ、取り除かれる属性を有することができるが-明らかことワイルドカードであるかどれがのほとんどがする方法で相違ある(か。 そして*登録簿が十分に示されなければならない一方)ファイルのグループのための属性を表示するか、または変えるのに使用することができる。 私達はワイルドカードについての細部およびこの章の近道で後で知ろうと思っている。

隠れるか、または読み取り専用システムへファイル属性を置くことはファイルが防いだり、消すか、または命令DELTREEかフォーマットから保護しないファイルをDELを使用して削除されたか、が、または移動ことを移動。 登録簿の読み取り専用属性が置くことができるがこれは少しかなうようである。

第一に、属性はその中の登録簿そしてないファイルにだけ適用する。 また読み取り専用へホールダーを置くことはホールダーが削除されるか、または動く前に表示される警報を引き起こすWindows Explorerで削除されるそれをしかし防がない。

ファイルの属性を表示することは「readme」を示した:

ATTRIB readme

読み取り専用属性をファイル「readus.txt」に割り当てるため、使用:

ATTRIB readus.txt +R

システムおよび隠された属性を「data19.txt」から取除くため:

ATTRIB -S -H data19.txt

To hide the directory "c:\mynotes"

ATTRIB +H c:\mynotes

ファイル、しかしない登録簿をcに隠すため:

ATTRIB +H c:*.*

CD (or CHDIR)

(または表示)指定ドライブのワーキング・ディレクトリを変える。

構文法:

ワーキング・ディレクトリを表示するため:

CD [drive:]

ワーキング・ディレクトリを変えるため:

CD path

道は道にワーキング・ディレクトリを変える。 各ドライブに専有物がこうしてドライブcのワーキング・ディレクトリを変える変わるまで「流れ」に残る「ワーキング・ディレクトリ」ある: 他のどのドライブのワーキング・ディレクトリの状態にも影響を与えない。 別のドライブのワーキング・ディレクトリに変わるためには、ちょうどドライブ名およびコロンを入れなさい。

現在のドライブがcなら: 、登録簿を書き入れるため"c:\windows\java"
CD \windows\java

必要のワーキング・ディレクトリが既に「c:\windows」なら、次のとおりであるすべての:

CD java

ワーキング・ディレクトリ「c:\windows\java」を親登録簿「c:\windows」に変えるため:

CD..

直接窓の登録簿に跳びたいと思ったらディレクターに「c:\windows\java\notes\klip\」、今公正な増加2つのより多くの点現在あることを仮定しなさい(。) 私達が前の場合でしたこれのように、 CD….

cのワーキング・ディレクトリ: ドライブは「c:\windows\notes」およびeのワーキング・ディレクトリである: ドライブは「e:\movie」、それから「e:\movie」 「c \窓\ノート」からのすべてのファイルをコピーするためにである:

COPY e:*.* c:

「e:\downloads」からのすべてのファイルをcのルートディレクトリにコピーするため:

COPY e:*.* c:\

Sample Chapters from book DATA RECOVERY WITH AND WITHOUT PROGRAMMING by Author Tarun Tyagi
Data Recovery with & without Programming


Publishers of the Book
Number of Pages
ISBN
Price of the Book


BPB Publications, New Delhi, India
540
81-7656-922-4
$69.00 (Including Shipping Charges, Cost of Book and Other expenses, Free Source Code CD included with the Book)





Buy Data recovery Book

Previous page

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15

Next page

© Copyright 2002-2005 DataDoctor.Biz

Home | Contact us | Downloads | Services | Terms and conditions | Site map

Website Data Recovery | recuperación de Datos | Récupération de données | Datenrettung | Recupero dati | データ復旧 | 데이터 복구 | 数据恢复 | Восстановление данных | De terugwinning van gegevens | Ανάκτηση δεδομένων
Sitemap Site map1 2 3 4 | Spanish1 2 3 | French1 2 3 | German1 2 3 | Italian1 2 3 | Portuguese1 2 3 | Japanese1 2 3 | Korean1 2 3 | Chinese1 2 3 | Russian1 2 3 | Dutch1 2 3 | Greek1 2 3
Data Recovery Book English | Spanish | French | German | Italian | Portuguese | Japanese | Korean | Chinese | Russian | Dutch | Greek