DOS COMMAND CHKDSK CLSのコピー氏の点検はディスク苦境の状態あるディスク間違いディスク使用法のファイルアロケーションテーブル(脂肪質)およびディレクトリ構造の概要で見つけられたあらゆる間違い大いにより広い範囲のディスク問題を検出し、修理しなさいことを示す状態報告を表示する

Data Recovery PRO DATA DOCTOR

Home | Order Online | Downloads | Contact Us | Software Knowledgebase

it | es | pt | fr | de | jp | kr | cn | ru | nl | gr


CHKDSK

CHKDSKがディスクの状態を点検し、あるディスク間違いを修正し、見つけられるファイルアロケーションテーブル(脂肪質)およびディレクトリ構造で間違いを示す状態報告を表示するのに使用されている。 CHKDSKはまたディスク使用法の概要を表示する。 間違いがディスクにあれば、CHKDSKは警告メッセージを表示する。

構文法:

CHKDSK [path] [/F] [/V]

道は点検するためにドライブおよび登録簿を指定する。

/F ディスクの苦境の間違い。
/V Displays the full path and name of every file on the disk

SCANDISKは確実に大いにより広い範囲のディスク問題を検出し、修理でき、幾分日付がついたCHKDSKに一般に好まれる。 /Fスイッチは(見つけられる間違いを修正するために)どのプログラムでもdosおよびCHKDSK自体以外動いている間使用されるべきでない。

CHKDSKはSUBSTを使用して作成されるドライブで使用することができないネットワーク・ドライブで使用することができる。 win98では、CHKDSKはまだディスクを、しかし提供するある基本データを点検しない

CHKDSKのディスクをスキャンするべきでないまたはあなたのディスクが衝突されるかまたはMBRのようなあなたのブート・セクタに論理的な間違いがあればSCANDISKか他のどのディスクスキャンプログラムも、DBR、脂肪またはルートディレクトリは買収される。 それは歪められるデータ情報を作るかもしれ、回復することを困難にすることができる。 これだけデータを完全に回復しないことができる。

 

CLS

コマンド指示およびカーソルだけ去るスクリーンを取り除く。

構文法:
CLS

COMMAND

コマンドインタプリタの新しいコピーを始める。
構文法:

COMMAND [path] [device] [/Switches]

command.comを含んでいる道のドライブおよび登録簿。 これはcommand.comがルートディレクトリになければ指定されなければならない。

命令入出力のために使用するべき装置装置。 デフォルトでこれはキーボードおよびモニターである

/P 新しいコマンドインタプリタのパーマを作る。

/E:x 最初の環境のサイズ[バイト]置く。 Xつは256のそして32,768バイトの間で置かれるべきである。 デフォルトは次のとおりである: 256バイト。

/L:y 内部緩衝長さ[バイト]。 yは128のそして1,024バイトの間で置かれるべきである。 このスイッチはコマンドインタプリタが永久的ならその時だけ受け入れられる。 /Pスイッチはまた置かれなければならない。

/U:z 入力バッファの長さ[バイト]。 zは128のそして255バイトの間で置かれるべきである。 デフォルトは次のとおりである: か。 このスイッチはコマンドインタプリタが永久的ならその時だけ受け入れられる。 /Pスイッチはまた置かれなければならない。

/MSG 記憶ですべてのエラーメッセージを貯える。 このスイッチはコマンドインタプリタが永久的ならその時だけ受け入れられる。 /Pスイッチはまた置かれなければならない。

/LOW 力はメモリ不足で保つように命じる

/Y /Cか/K著指定されるバッチプログラムによるステップ

/C 命令は命令および出口を実行する。 これはコマンド・ラインの最後のスイッチでなければならない。

/K 命令は命令を実行し、動き続ける。 これはコマンド・ラインの最後のスイッチでなければならない。

COPY

コピーの主な使用は別の位置へ1つ以上のファイルをコピーすることであるが、また(付け、連結しなさい)ファイルを結合し、ファイル、プリンター、または他の装置に直接タイプするのに使用することができる。

構文法:

COPY [/A | /B] source [/A | /B] [+ source [/A | /B] [+ ...]]
[destination [/A | /B]] [/V] [/Y | /-Y]

源コピーされるべきファイル。 これは単一変数でなければならないがワイルドカードを使用して指定される複数ファイルを含むかもしれない(*またはか。)。 それはまた有効な装置であるかもしれない(例えば騙しなさい)

like COPY CON NOTES.TXT

今書きか、またはテキストをコピーし、そしてキーCtrl+Z.を入れることによって来なさい。

行先新しいファイルのための登録簿やファイル名。 行先が指定されなければ源は原物と同じ名前および作成日が付いているワーキング・ディレクトリにコピーされる。 源がワーキング・ディレクトリにあれば、「ファイルがそれ自身に」コピーすることができない示すエラーメッセージは表示される。

file /A 力はasciiのテキスト・ファイルとしてファイルを扱うためにコピーする。

file /B 力はバイナリファイルとしてファイルを扱うためにコピーする。

/V 新しいファイルが読むことができることを確認する。

/Y ファイルに重ね書きする前の警告のプロンプト無し。

/-Y 警告を表示し、ファイルに重ね書きする前に確認を要求する。

コマンド・ラインから使用された場合行先で指定されるファイルが指定位置に既にあったら、デフォルトで、表示し、警告メッセージを古いファイルに重ね書きする前に要求する確認をコピーしなさい。 一方では、コピーがバッチファイルで使用される場合、どの既存のファイルでも警告なしで重ね書きされる。

このデフォルトの行動は/Y | /-YスイッチをCOPYCMDの環境変数のそして却下される前もって調整することによって/Y |コマンド・ラインの/-Yスイッチの使用によって変更することができる。

コピーは長く0バイトであるファイルをコピーしない; その代り、それはそのようなファイルを削除する。 これらのファイルをコピーする使用XCOPY。 源や行先は適切な装置xが1,2,3 exc。であるところで(のような、COMxかLPTx騙しなさい)よりもむしろファイルであるかもしれない。

文脈によって、コピーはバイナリまたはasciiのテキスト・ファイルとしてファイルを扱う。 デフォルトで:

  • 1つの位置からの別のものにファイルをコピーするとき(asciiまたはない)、コピーは二進モードを仮定する、
  • ファイルを連結するとき、コピーはasciiモードを仮定する、
  • 源か行先が装置(ディスク以外)である時、コピーはasciiモードを仮定する。

二進モードで作動するとき、コピーはファイルアロケーションテーブルからのファイルのスタート地点を定め、そのポイントからそのファイルに割振られるバイト数をコピーする。

asciiモードで、データはエンド・オブ・ファイルまでコピーされる時(ASCII文字第26; Ctrl-Zの)特性は達される。 この特性はコピーされないが、コピーは新しいファイルを閉める前にeofの特性を加える。

この複雑なプロシージャはコピーがファイルを連結し、非ファイル入力を使用することを可能にする(キーボードのように)。 少数の機会に省略時解釈モードが不適当であること、それは要求されるように源や行先ファイルへ/Aまたは/Bスイッチを加えることによって打ち消すことができる。

現在のドライブおよび登録簿の「note.txt」を登録簿「mynotes」にコピーするため:

COPY note.txt c:\mynotes
or
COPY note.txt c:\mynotes\

最初の場合では「mynotes」の登録簿がなければ、「note.txt」はドライブc.のルートディレクトリで「mynotes」と示されるファイルにコピーされる。 第2場合では、「無効な登録簿」のエラーメッセージは表示される。 登録簿へ「mynotes」の登録簿のすべてのファイルをコピーすることはドライブdの「mynotesバックアップ」を示した:

COPY c:\mynotes\*.* d:\mynotes backup\

コピーを現在のドライブおよび登録簿の「note.txt」の撮り、呼ぶため「プログラムnote.txt」

COPY note.txt "program note.txt"

Sample Chapters from book DATA RECOVERY WITH AND WITHOUT PROGRAMMING by Author Tarun Tyagi
Data Recovery with & without Programming


Publishers of the Book
Number of Pages
ISBN
Price of the Book


BPB Publications, New Delhi, India
540
81-7656-922-4
$69.00 (Including Shipping Charges, Cost of Book and Other expenses, Free Source Code CD included with the Book)





Buy Data recovery Book

Previous page

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15

Next page

© Copyright 2002-2005 DataDoctor.Biz

Home | Contact us | Downloads | Services | Terms and conditions | Site map

Website Data Recovery | recuperación de Datos | Récupération de données | Datenrettung | Recupero dati | データ復旧 | 데이터 복구 | 数据恢复 | Восстановление данных | De terugwinning van gegevens | Ανάκτηση δεδομένων
Sitemap Site map1 2 3 4 | Spanish1 2 3 | French1 2 3 | German1 2 3 | Italian1 2 3 | Portuguese1 2 3 | Japanese1 2 3 | Korean1 2 3 | Chinese1 2 3 | Russian1 2 3 | Dutch1 2 3 | Greek1 2 3
Data Recovery Book English | Spanish | French | German | Italian | Portuguese | Japanese | Korean | Chinese | Russian | Dutch | Greek