DOSKEYはコマンド・ラインから働くことを助けるように前の命令を覚えていること、およびマクロを記録できることによるコマンド・ラインを、編集することを容易にすることによって設計されているTSRである

Data Recovery PRO DATA DOCTOR

Home | Order Online | Downloads | Contact Us | Software Knowledgebase

it | es | pt | fr | de | jp | kr | cn | ru | nl | gr


DOSKEY

DOSKEYはコマンド・ラインから働くことを助けるように前の命令を覚えていること、およびマクロを記録できることによるコマンド・ラインを、編集することを容易にすることによって設計されているTSRである。

構文法:

DOSKEYに荷を積むため:

DOSKEY [/Switches]

スイッチ

それが何を

/B: xxx

マクロおよび命令のための緩衝のサイズを置く。 xxxの最小値は256であり、デフォルトは512である(バイト)。 DOSKEYが既に動けば、(/Rと)バッファ・サイズを変えた場合再積載されなければならない。

/E: On|Off

マクロが遊ぶ場合のEnables|Disables命令の表示。 e (エコー)はデフォルトでついている。

/F: ファイル名

ファイル名-形態Macroname=Textでマクロのリストを含んでいるテキスト・ファイル--を取り出す

/H

記憶で貯えられるすべての命令を表示する。 (このリストはファイルに方向を変えない)。

/Iの|O

テキストが挿入物またはOverstrikeモードにデフォルトで書き入れられるかどうか指定する。 いずれにしても代わりとなるモードは<Insert>の使用によって選ぶことができるが、<Enter>が使用されるとすぐデフォルトは再調節される。 省略時解釈モードはOverstrikeである。

/K: XX

キーボードtype-aheadの緩衝のサイズを置く。 デフォルトは15である(特性)。 DOSKEYが既に動けば、(/Rと)バッファ・サイズを変えた場合再積載されなければならない。

/L

ラインの最高のサイズを編集する緩衝を置く。 デフォルトは128である(特性)。

/M

緩衝のすべてのDOSKEYのマクロのリストを現在表示する。 このリストは標準的なdosの再方向付けを使用してテキスト・ファイルに方向を変えることができる(>)

/R

DOSKEYの新しい例を取付ける。 DOSKEYが既に動けば、緩衝はマクロおよびコマンド・ライン両方歴史の取り除かれる。 DOSKEYの新しい例を取付けるそれに取除かない前の例を注意しなさい。 従って/Rの各使用は慣習的なか上部の記憶の別の5Kを取る。

Macroname

マクロの名前。 これは多分Ctrlやaltキーによって変更される1つ以上の特性の一連である。

テキスト

Macronameに割り当てられるべき文字列。 これは適切な変数やスイッチと共に普通1つ以上のdos命令である。


DOSKEYのマクロを作成するため:

DOSKEY Macroname=Text

マクロを動かすため:

Macroname

スイッチ

それが何を

/B: xxx

マクロおよび命令のための緩衝のサイズを置く。 xxxの最小値は256であり、デフォルトは512である(バイト)。 DOSKEYが既に動けば、(/Rと)バッファ・サイズを変えた場合再積載されなければならない。

/E: On|Off

マクロが遊ぶ場合のEnables|Disables命令の表示。 e (エコー)はデフォルトでついている。

/F: ファイル名

ファイル名-形態Macroname=Textでマクロのリストを含んでいるテキスト・ファイル--を取り出す

/H

記憶で貯えられるすべての命令を表示する。 (このリストはファイルに方向を変えない)。

/Iの|O

テキストが挿入物またはOverstrikeモードにデフォルトで書き入れられるかどうか指定する。 いずれにしても代わりとなるモードは<Insert>の使用によって選ぶことができるが、<Enter>が使用されるとすぐデフォルトは再調節される。 省略時解釈モードはOverstrikeである。

/K: XX

キーボードtype-aheadの緩衝のサイズを置く。 デフォルトは15である(特性)。 DOSKEYが既に動けば、(/Rと)バッファ・サイズを変えた場合再積載されなければならない。

/L

ラインの最高のサイズを編集する緩衝を置く。 デフォルトは128である(特性)。

/M

緩衝のすべてのDOSKEYのマクロのリストを現在表示する。 このリストは標準的なdosの再方向付けを使用してテキスト・ファイルに方向を変えることができる(>)

/R

DOSKEYの新しい例を取付ける。 DOSKEYが既に動けば、緩衝はマクロおよびコマンド・ライン両方歴史の取り除かれる。 DOSKEYの新しい例を取付けるそれに取除かない前の例を注意しなさい。 従って/Rの各使用は慣習的なか上部の記憶の別の5Kを取る。

Macroname

マクロの名前。 これは多分Ctrlやaltキーによって変更される1つ以上の特性の一連である。

テキスト

Macronameに割り当てられるべき文字列。 これは適切な変数やスイッチと共に普通1つ以上のdos命令である。

DOSKEYのマクロを作成するため:

DOSKEY Macroname=Text

マクロを動かすため:

Macroname

DOSKEYは命じる

それが何を

左か右のカーソル

カーソルを戻すか、または1つの特性を進める。

Ctrl +残か右のカーソル

カーソルを戻すか、または1ワードを進める。

家か端

行末初めかにカーソルを動かす。

アップ/ダウンカーソル

(および背部)貯えられた命令のリストを通ってスクロールするため。 」キーの上の「の各出版物は前の命令をリコールし、コマンド・ラインの表示する。

アップ/ダウンページ

緩衝の最も古いですか最近の命令をリコールする

F1

型板からのコマンド・ラインに次の特性をコピーする

F2 +キー

(しかしないを含んで)キーまでの型板からのコピーのテキスト。

F3

現在の文字位置からのコマンド・ラインに型板をコピーする。

F4 +キー

(ないを含んで)キーまで現在の文字位置から特性を削除する。

F5

現在の命令を型板にコピーし、コマンド・ラインを取り除く。

F6

コマンド・ラインの現在位置にエンド・オブ・ファイルの特性(^Z)を置く。

F7

コマンド履歴の番号を付けられたリストを表示する。

AltF7

緩衝で貯えられるすべての命令を削除する。

木炭+ F8

F8に先行している1つ以上の特性の木炭に入ることは木炭との最近の命令初めを表示する。 F8を押すことは再度次の最近の命令初めを木炭と、そしてそう表示する。

F9 + Command#

コマンド・ラインの指名命令を表示する。

AltF10

すべてのマクロ定義を削除する。

マクロを削除するため:

DOSKEY Macroname=

Sample Chapters from book DATA RECOVERY WITH AND WITHOUT PROGRAMMING by Author Tarun Tyagi
Data Recovery with & without Programming


Publishers of the Book
Number of Pages
ISBN
Price of the Book


BPB Publications, New Delhi, India
540
81-7656-922-4
$69.00 (Including Shipping Charges, Cost of Book and Other expenses, Free Source Code CD included with the Book)





Buy Data recovery Book

Previous page

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15

Next page

© Copyright 2002-2005 DataDoctor.Biz

Home | Contact us | Downloads | Services | Terms and conditions | Site map

Website Data Recovery | recuperación de Datos | Récupération de données | Datenrettung | Recupero dati | データ復旧 | 데이터 복구 | 数据恢复 | Восстановление данных | De terugwinning van gegevens | Ανάκτηση δεδομένων
Sitemap Site map1 2 3 4 | Spanish1 2 3 | French1 2 3 | German1 2 3 | Italian1 2 3 | Portuguese1 2 3 | Japanese1 2 3 | Korean1 2 3 | Chinese1 2 3 | Russian1 2 3 | Dutch1 2 3 | Greek1 2 3
Data Recovery Book English | Spanish | French | German | Italian | Portuguese | Japanese | Korean | Chinese | Russian | Dutch | Greek