DOSKEYの特殊文字DIR命令表示登録簿のファイルそしてサブディレクトリーのリスト

Data Recovery PRO DATA DOCTOR

Home | Order Online | Downloads | Contact Us | Software Knowledgebase

it | es | pt | fr | de | jp | kr | cn | ru | nl | gr


DOSKEYの特殊文字

次の特殊文字は制御指令操作へのマクロで使用することができる:

特性

ある何が

$G

出力の-再方向付けの記号への等量>方向を変える

$G$G

ファイルの端-付けの記号への等量に出力を>>付ける

$L

入力の-記号への等量<方向を変える

$B

命令にマクロ出力-管の記号への等量を送る|

$T

マクロを作成するとき命令を分けるまたはタイプしてDOSKEYのコマンド・ラインで命じる

$$

$の印のための使用

$1から$9

マクロが動くとき指定することができる命令ライン変数を表す。 バッチプログラムの%1から%9の特性と対等

$*

macronameが書かれているとき指定することができる命令ライン情報を表す。 $*はmacronameがマクロの$*の代わりになった後コマンド・ラインでタイプされる取り替え可能な変数$n但し例外としてはすべてに類似している。


DIR

登録簿のファイルそしてサブディレクトリーのリストを表示する。

構文法:

DIR [drive:] [path] [filename] [/Switches]

スイッチ

ある何が

どれも

デフォルトで、DIRは下記のものを表示する:

  • ディスクボリュームのラベルおよび通し番号から成り立つヘッダー;
  • すべてのファイルのリストおよび順序でワーキング・ディレクトリのサブディレクトリーそれらは「印が付いているそれら」を除く脂肪に隠されておよび/または「システム」リストされている。 各ファイルか登録簿と共に最後の修正のサイズ、日付/時間、および長いファイル名前はある;
  • ファイルで総数を構成するフッターは、累積サイズおよびディスクで残った自由空間(バイトで)リストした。

/A [属性]

表示は指定属性の有無にかかわらずファイルする。 複数の属性はそれら間のスペース無しで指定することができる。
属性(を使用して「-」接頭辞として「ない」指定する)
        dの登録簿
        rの読取り専用ファイル
        hの隠されたファイル
        ファイルは最後のバックアップ以来変更した
        sのシステム・ファイル

/O
[sortorder]

分類された順序でリスト・ファイル。
分類の順序が指定されなければ、登録簿はアルファベット順にリストされているファイルによって続いた、またアルファベット順にリストされている。 順序のキーの分類のどの組合せでも指定することができ、ファイルはキーの順序で分類される。
sortorder (を使用して「-」接頭辞として順序を逆転させる)
        名指しでn (アルファベット)
        サイズ(最も小さい第1)によるs
        延長によるe (アルファベット)
        日付及び時間(最も早く第1)までにd
        gは登録簿を最初に分ける
        最後のアクセスの日付(最も早く第1)までにa

/S

表示は指定されたディレクトリおよびすべてのサブディレクトリーでファイルする

/W

広いリストのフォーマット。 ファイルおよびディレクトリ名は5つのコラムにリストされている

/B

裸のフォーマット。 ファイルおよび登録簿はヘッダー、概要、または細部なしに単一のコラムにリストされている。

/L

出力は小文字にある。

/P

情報の完全な各スクリーンとの休止。 次のスクリーンを見るためにキーを押しなさい。

/V

冗長なモードへの力。 このディスプレイのアトリビュートは、最後に標準的な情報に加えて各ファイルのために、割振られるアクセスされたおよびディスク空間日付を記入する。

/Z

長いファイル名前はファイルリストで表示されない。

/4

4ディジットとして日付よりもむしろ2つを表示する。

 

DIR命令は変数としてだけ1本の道を受け入れる。 長いファイルおよびスペースが含まれているディレクトリ名は逆にされたコンマで囲まれていなければならない。 また*ワイルドカードをのような使用できるか。 ファイルおよびサブディレクトリーのサブセットのリストを表示するため。

DIRは標準的な期間と使用することができる(。) 高レベルの登録簿を示す近道。 ルートディレクトリ、登録簿およびファイルを示すように要求されるよりより多くの期間が使用されれば。

ファイルにDIR命令送るのに再方向付けを使用するときまたは別の命令の出力を、頻繁に/Aを使用することは有用である: -リストファイルだけへのd、およびファイルサイズ、ヘッダーおよび概略情報のような無関係情報を避ける/B。 またDIR命令の出力が管で方向を変えるとき、自動的に操作完了する一度削除される一時ファイルは作成される。

デフォルトで、この一時ファイルは「temp」の環境変数によって指定される登録簿にある、これが指定されないし、見つけることができなければ現在のドライブのワーキング・ディレクトリで作成される。 DIR命令がまたワーキング・ディレクトリを示せば、そのよう一時ファイルは取られ、リストに含まれている。

Sample Chapters from book DATA RECOVERY WITH AND WITHOUT PROGRAMMING by Author Tarun Tyagi
Data Recovery with & without Programming


Publishers of the Book
Number of Pages
ISBN
Price of the Book


BPB Publications, New Delhi, India
540
81-7656-922-4
$69.00 (Including Shipping Charges, Cost of Book and Other expenses, Free Source Code CD included with the Book)





Buy Data recovery Book

Previous page

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15

Next page

© Copyright 2002-2005 DataDoctor.Biz

Home | Contact us | Downloads | Services | Terms and conditions | Site map

Website Data Recovery | recuperación de Datos | Récupération de données | Datenrettung | Recupero dati | データ復旧 | 데이터 복구 | 数据恢复 | Восстановление данных | De terugwinning van gegevens | Ανάκτηση δεδομένων
Sitemap Site map1 2 3 4 | Spanish1 2 3 | French1 2 3 | German1 2 3 | Italian1 2 3 | Portuguese1 2 3 | Japanese1 2 3 | Korean1 2 3 | Chinese1 2 3 | Russian1 2 3 | Dutch1 2 3 | Greek1 2 3
Data Recovery Book English | Spanish | French | German | Italian | Portuguese | Japanese | Korean | Chinese | Russian | Dutch | Greek