ディスクBIOSは作用し、cデータ回復ディスクトラブルシューテ-ィングのプログラミングのbiosdiskの_bios_disk機能biosディスク・ドライブサービスbios.h割り込み0x13との処理を中断する

Data Recovery PRO DATA DOCTOR

Home | Order Online | Downloads | Contact Us | Software Knowledgebase

it | es | pt | fr | de | jp | kr | cn | ru | nl | gr


第8 -章

ディスクBIOSは作用し、cとの処理を中断する

導入

この章で私達は使用に私達に自由を与え、容易で、短い方法のcの私達のプログラムの割り込みを、扱う重要なディスクBIOS機能をおよび他の重要な機能を論議する。 これらの機能は背部-データ回復およびディスクトラブルシューテ-ィングのプログラミングの骨である。 これらはC言語に「高レベルアセンブリー言語を」する機能である。

biosdisk and _bios_disk Functions

この2つの機能はデータ回復およびディスクトラブルシューテ-ィングのプログラミングの私達の目的のための最も重要な機能である。 私達はこれらの機能をほとんどの場合使用する。

この2つはbiosのディスク・ドライブサービス、biosdiskが未加工セクターのファイルのレベルの下で作動するbios.hで定義された。 これらの機能が心配の欠乏で少し使用されれば、ハードディスクのファイル内容そして登録簿を破壊できる。 biosdiskおよび_bios_disk両方機能、biosにディスク操作を直接出す使用割り込み0x13。 _bios_disk機能は次の方法のプログラムで宣言される:



unsigned _bios_disk(unsigned cmd, struct diskinfo_t *dinfo);

そしてビオスディスク機能のための宣言は次の通りある:

int biosdisk(int cmd, int drive, int head, int track,
int sector, int nsects, void *buffer);

これらの変数の意味は次のテーブルで記述されていた:

変数

機能

それがであるか、何またはものを

cmd

両方

操作を読まれるのような行うために示したり等を書いたり、確認する(次に与えられるcmdの記述を見なさい)

dinfo

_bios_disk

残ったの含んでいるdiskinfo_tへのポイントは構成する
操作によって必要な変数。(次に与えられるdiskinfo_tの構造の記述を見なさい)

ドライブ

biosdisk

どのディスク・ドライブが使用されるべきであるか指定する(aのための0: 、1for b: そして最初物理的なハードディスクのための0x80、第2のための0x81およびそう。)

頭部
トラック
セクター


biosdisk

これらは開始のセクター位置を指定する
操作は始まるべきである。

nsects

biosdisk

読むべきセクターの数は等を書いたり、確認する。

緩衝

biosdisk

データが読まれるか、または書かれているべきであるところメモリアドレス

Sample Chapters from book DATA RECOVERY WITH AND WITHOUT PROGRAMMING by Author Tarun Tyagi
Data Recovery with & without Programming


Publishers of the Book
Number of Pages
ISBN
Price of the Book


BPB Publications, New Delhi, India
540
81-7656-922-4
$69.00 (Including Shipping Charges, Cost of Book and Other expenses, Free Source Code CD included with the Book)





Buy Data recovery Book

 

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20


page 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38

Next page

 

Chapter 7

 
Previous page

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15

 

 

Chapter 3


page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20


page 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35

 

© Copyright 2002-2005 DataDoctor.Biz

Pen Drive Data Recovery Software | Memory Card Data Recovery Software | iPod Data Recovery Software | Digital Camera Data Recovery Software | Removable Media Data Recovery Software | Windows Data Recovery Software | FAT Data Recovery Software | NTFS Data Recovery Software | Data Recovery Training | Data Recovery Services | Data Recovery Education Material | Data Recovery Book | Custom Software Development | Offshore Software Development | Microsoft .NET Development | Java / J2EE Development | Wireless / Mobile Application Development | Database Solutions | Website Design | Website Development | Website Promotion | Mobile Website Design | Website Testing | Graphic Design

Home | Contact us | Downloads | Services | Terms and conditions | Site map

Website Data Recovery | recuperación de Datos | Récupération de données | Datenrettung | Recupero dati | データ復旧 | 데이터 복구 | 数据恢复 | Восстановление данных | De terugwinning van gegevens | Ανάκτηση δεδομένων
Sitemap Site map1 2 3 4 | Spanish1 2 3 | French1 2 3 | German1 2 3 | Italian1 2 3 | Portuguese1 2 3 | Japanese1 2 3 | Korean1 2 3 | Chinese1 2 3 | Russian1 2 3 | Dutch1 2 3 | Greek1 2 3
Data Recovery Book English | Spanish | French | German | Italian | Portuguese | Japanese | Korean | Chinese | Russian | Dutch | Greek