INT 13H (0x13)機能3EHは(0x3Eか62)単一セクターのボーナス3FHを(0x3Fか63)置いたボーナスThrashold (QuickCache II v4.20)の41H (0x41か65)設置点検42Hを(0x42か66)伸びた読まれて置いた(IBM/MS INT 13H延長)

Data Recovery PRO DATA DOCTOR

Home | Order Online | Downloads | Contact Us | Software Knowledgebase

it | es | pt | fr | de | jp | kr | cn | ru | nl | gr


INT 13H (0x13)

機能3EH (0x3Eか62) -->置きなさい単一セクターのボーナス(QuickCache II v4.20)を

Call with: AH = 3EH
AL = New value for bonus

Return: If Function Successful,
AX = 0000H

If Function Unsuccessful,
AX = Status

コメント:

この機能が単一セクターのボーナスを置くのに使用されている。 機能が巧妙なら斧は不成功な斧が状態を戻せば、0000Hである。

 

INT 13H (0x13)

機能3FH (0x3Fか63) -->置きなさいボーナスThrashold (QuickCache II v4.20)を

Call with: AH = 3FH
AL = New value for bonus threshold

Return: If Function Successful,
AX = 0000H

If Function Unsuccessful,
AX = Status

コメント:

この機能がボーナス境界を置くのに使用されている。 機能が巧妙なら斧は不成功な斧が状態を戻せば、0000Hである。


INT 13H (0x13)

機能41H (0x41か65) -->設置点検(IBM/MS INT 13H延長)

Call with: AH = 41H
BX = 55AAH
DL = Drive number (80H-FFH)

Return: If Extensions Supported and Function Successful,
Carry Flag = Clear
BX = AA55H
AH = Major version of extensions (See the
table in Comments)
AL = Internal use
CX = API subset support bitmap (See the
Table in Comments)
DH = Extension version (v2.0 and later)
If Extension not Supported or Function Unsuccessful,
Carry Flag = set
AH = 01H (Function Invalid)

コメント:

この機能はIBM/MS INT 13H延長が取付けられ、支えられるかどうか確認する。 延長の主要な版のための価値は次のテーブルで与えられた:

価値

延長の主要な版

01H

1.x

20H

2.0/EDD-1.0

21H

2.1/EDD-1.1

30H

EDD-3.0

IBM/MS INT 13H延長apiサポートビットマップのためのビット分野は次のテーブルで与えられた:

ビット

記述

0

延長ディスクアクセス機能(AH=42H、43H、44H、47hおよび48H)は支えた。

1

取り外し可能なドライブコントローラ機能(AH=45H、46H、48H、49HおよびINT15/AH =52H)は支えた。

2

高められたディスク・ドライブ(EDD)機能は(AH=48HおよびAH=4EH)支えた。 延長ドライブパラメータテーブルは有効である。

3-15

予約(0)

 

INT 13H (0x13)

機能42H (0x42か66) -->読まれる伸びた(IBM/MS INT 13H延長)

Call with: AH = 42H
DL = Drive number
DS:SI = Disk address packet (See the table in
comments)

Return: If Function Successful,
Carry Flag = Clear
AH = 00H

If Function Unsuccessful,
Carry Flag = Set
AH = error code

コメント:

この機能はディスクによって読まれる機能のための延長である。 機能が巧妙運べば旗をなら明確およびならああ記録は00H、他に旗をである一定およびああリターンエラー・コード運ぶ。 ディスク住所包みのブロック数分野はブロックの数に首尾よく移されて置かれる。 ディスク住所包みのフォーマットは下記のように与えられた:

オフセット

サイズ

記述

00H

バイト

包み(10H)のサイズ

01H

バイト

予約(0)

02H

単語

移るべきブロックの数

04H

DWORD

移動の緩衝

08H

QWORD

始める絶対ブロック番号(LBA)を

 

Sample Chapters from book DATA RECOVERY WITH AND WITHOUT PROGRAMMING by Author Tarun Tyagi
Data Recovery with & without Programming


Publishers of the Book
Number of Pages
ISBN
Price of the Book


BPB Publications, New Delhi, India
540
81-7656-922-4
$69.00 (Including Shipping Charges, Cost of Book and Other expenses, Free Source Code CD included with the Book)





Buy Data recovery Book

Previous page

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20

Next page

© Copyright 2002-2005 DataDoctor.Biz

Home | Contact us | Downloads | Services | Terms and conditions | Site map

Website Data Recovery | recuperación de Datos | Récupération de données | Datenrettung | Recupero dati | データ復旧 | 데이터 복구 | 数据恢复 | Восстановление данных | De terugwinning van gegevens | Ανάκτηση δεδομένων
Sitemap Site map1 2 3 4 | Spanish1 2 3 | French1 2 3 | German1 2 3 | Italian1 2 3 | Portuguese1 2 3 | Japanese1 2 3 | Korean1 2 3 | Chinese1 2 3 | Russian1 2 3 | Dutch1 2 3 | Greek1 2 3
Data Recovery Book English | Spanish | French | German | Italian | Portuguese | Japanese | Korean | Chinese | Russian | Dutch | Greek