INT 13H (0x13)機能1BHはラム(未来の範囲のSCSIコントローラー) 1C08H (0x1C08)が命令完了状態(ESDI固定ディスク) 1C09H (0x1C09)を得る装置状態(ESDIの固定ディスク)を得るSCSIディスク情報ブロック1CHの(0x1Cか28)自由なコントローラーに(0x1Bか27)製造業ヘッダー(ESDI固定ディスク) 1BHを(0x1Bか27)得るポインターを得る

Data Recovery PRO DATA DOCTOR

Home | Order Online | Downloads | Contact Us | Software Knowledgebase

it | es | pt | fr | de | jp | kr | cn | ru | nl | gr


INT 13H延長:

INT 13H (0x13)

機能1BH (0x1Bか27) -->得なさい製造業ヘッダー(ESDIの固定ディスク)を

Call with: AH = 1BH
AL = number of sector(s) to read
DL = drive
ES: BX = buffer for manufacturing header
(defect list)

Returns: If function successful
Carry flag = clear
AH = 00H
If function unsuccessful
Carry flag = set
AH = status

コメント:

この機能が固定ディスクの製造業ヘッダーを得るのに使用されている。 読まれる最初のセクターは欠陥の記入項目の数および欠陥の地図の初めの製造業ヘッダーを含んでいる; 残りのセクターは欠陥の地図の残りを含んでいる。 製造業のヘッダフォーマット(欠陥の地図のレコードフォーマット)はIBM 70MBの115MB固定ディスクドライブ技術的な参照で見つけることができる。

INT 13H (0x13)

機能1BH (0x1Bか27) -->得なさいSCSIディスク情報ブロック(未来の範囲のSCSIコントローラー)にポインターを

Call with: AH = 1BH
DL = hard drive ID

Returns: If function successful
Carry flag = clear
AH = 01H

If function unsuccessful
Carry flag = set
AH = status
ES:BX = SCSI disk information block

コメント:

この機能がSCSIディスク情報ブロックにポインターを得るのに使用されている。 これはまたあるコントローラーメッセージは表示されることを防ぐ非再設置可能な旗を置く。

 

INT 13H (0x13)

機能1CH (0x1Cか28) -->コントローラーのラム(未来の範囲のSCSIコントローラー)を放すために得なさいポインターを

Call with: AH = 1CH

DL = hard drive ID for any valid SCSI
hard disk

Returns: If function successful
Carry flag = clear
AH = 01H

If function unsuccessful
Carry flag = set
AH = status
ES:BX = first byte of free RAM on controller

コメント:

この機能が自由なコントローラーのラムを得るのに使用されている。 ES: BXは他のために利用できるコントローラーの自由なRAMの最初のバイトを使用指す。 ESはコントローラーが存在する区分を含んでいる。 コントローラーの2つの記憶地図を描かれた入力/出力の港はオフセット1C00Hおよび1E00Hにある。

 

INT 13H (0x13)

機能1C08H (0x1C08) -->得なさい命令完了状態(ESDIの固定ディスク)を

Call with: AX = 1C08H
DL = drive
ES:BX = buffer for Command Complete
Status Block

Return: If function successful
Carry flag = clear
AH = 01H

If function unsuccessful
Carry flag = set
AH = status

コメント:

この機能が命令完了状態を得るのに使用されている。 機能が巧妙なら運送旗は明確であり、不成功なら旗を置かれる運びなさい。

 

INT 13H (0x13)

機能1C09H (0x1C09) -->得なさい装置状態(ESDIの固定ディスク)を

Call with: AX = 1C09H
DL = drive
ES:BX = buffer for Device Status Block

Return: If function successful
Carry flag = clear
AH = 01H

If function unsuccessful
Carry flag = set
AH = status

コメント:

この機能が装置状態を得るのに使用されている。 機能が巧妙なら運送旗は明確であり、不成功なら旗を置かれる運びなさい。

Sample Chapters from book DATA RECOVERY WITH AND WITHOUT PROGRAMMING by Author Tarun Tyagi
Data Recovery with & without Programming


Publishers of the Book
Number of Pages
ISBN
Price of the Book


BPB Publications, New Delhi, India
540
81-7656-922-4
$69.00 (Including Shipping Charges, Cost of Book and Other expenses, Free Source Code CD included with the Book)





Buy Data recovery Book

Previous page

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20

Next page

© Copyright 2002-2005 DataDoctor.Biz

Home | Contact us | Downloads | Services | Terms and conditions | Site map

Website Data Recovery | recuperación de Datos | Récupération de données | Datenrettung | Recupero dati | データ復旧 | 데이터 복구 | 数据恢复 | Восстановление данных | De terugwinning van gegevens | Ανάκτηση δεδομένων
Sitemap Site map1 2 3 4 | Spanish1 2 3 | French1 2 3 | German1 2 3 | Italian1 2 3 | Portuguese1 2 3 | Japanese1 2 3 | Korean1 2 3 | Chinese1 2 3 | Russian1 2 3 | Dutch1 2 3 | Greek1 2 3
Data Recovery Book English | Spanish | French | German | Italian | Portuguese | Japanese | Korean | Chinese | Russian | Dutch | Greek