INT 13H (0x13)機能23Hは(0x23か35)記録(psおよびPS/2のハードディスク) 24Hが(0x24か36)倍数を置いたコントローラーの特徴を置いた-移動モード(ハードディスク、psおよびPS/2)は24H (0x24か36)セクターを置いた(QuickCache II v4.20) 25Hが(0x25か37)識別するドライブ(ハードディスク、psおよびPS/2)を

Data Recovery PRO DATA DOCTOR

Home | Order Online | Downloads | Contact Us | Software Knowledgebase

it | es | pt | fr | de | jp | kr | cn | ru | nl | gr


INT 13H (0x13)

機能23H (0x23か35) -->コントローラーの特徴の記録を置きなさい(psおよびPS/2のハードディスク)

Call with: AH = 23H
AL = feature number
DL = drive number

Return: If Function Successful,
Carry Flag = Clear

If Function Unsuccessful,
Carry Flag = Set
AH = Status

コメント:

この機能がコントローラーの特徴の記録を置くのに使用されている。 機能が巧妙なら運送旗は明確であり、不成功なら旗をある一定がああ記録のリターン状態運べば。


INT 13H (0x13)

機能24H (0x24か36) -->倍数を置きなさい-移しなさいモード(ハードディスク、psおよびPS/2)を

Call with: AH = 24H
AL = number of sectors per block
DL = drive number

Return: If Function Successful,
Carry Flag = Clear

If Function Unsuccessful,
Carry Flag = Set
AH = Status

コメント:

この機能が倍数を置くのに使用されている-モードを移しなさい。 倍数を不具にしたいと思ったら-モードを、置く0にセクターの数を移しなさい。 ブロックサイズのための最高値は固定ディスクのドライブの種類に(2,4,6,8そして16等のような)左右される。

価値は郵便で作成される固定ディスクドライブパラメータテーブルのバイト15Hで貯えられる(電源投入時自己診断テストの)。 住所0040Hのバイト: 0074Hは操作の状態に置かれる。 PS/1ハードディスクの特徴数のための価値は次のテーブルにリストされていた:

価値

記述

01H

16ビットの代りに8ビットデータ転送を選びなさい

02H

ライト・キャッシュを可能にしなさい

22H

同じをのユーザー指定区域書きなさい

33H

再試行を不具にしなさい

44H

長く読まれるのためのECCバイトの数を置くか、または長く書きなさい

54H

隠し場所の区分を置きなさい

55H

先読みを不具にしなさい

66H

デフォルト力でに戻ることを不具にしなさい

77H

エラー修正を不具にしなさい

81H

選びなさい16ビットのデータ転送(デフォルト)を

82H

ディスエイブルはライト・キャッシュを

88H

エラー修正を可能にしなさい(デフォルト)

99H

可能にしなさい再試行(デフォルト)を

AAH

先読みを可能にしなさい

BBH

長く読まれるのためのECCの長さを置くか、または4バイトに長く書きなさい

CCH

デフォルト力でに戻ることを可能にしなさい

DDH

同じをの全体のディスク書きなさい


INT 13H (0x13)

機能24H (0x24か36) -->置きなさいセクター(QuickCache II v4.20)を

Call with: AX = 24H

BX = New number of sector buffers in
cache

Return: If Function Successful,
AX = 0000H

If Function Unsuccessful,
AX = Status

コメント:

この機能がセクターを置くのに使用されている。 機能が巧妙なら斧の記録は0000H他の斧のリターン状態である。

 

INT 13H (0x13)

機能25H (0x25か37) -->識別しなさいドライブ(ハードディスク、psおよびPS/2)を

Call with: AH = 25H
DL = Drive number
ES:BX = Buffer of 512 bytes for reply packet

Return: If Function Successful,
Carry Flag = Clear

Buffer filled with drive information block

If Function Unsuccessful,
Carry Flag = Set
AH = Status

コメント:

この機能がドライブを識別するのに使用されている。 住所0040hのバイト: 0074hは操作の状態に置かれる。 IBMは任意ように公式にこの機能を分類する。 一般的なドライブ構成のためのビット分野は次のテーブルで与えられた:

ビット

記述

0

予約(0)

1

懸命にsectored

2

柔らかさはsectored

3

ないMFMは符号化した

4

ヘッドスイッチ時間以上15msec

5

紡錘の運動制御の選択は実行した

6

固定ドライブ

7

取り外し可能なカートリッジ駆動機構

8

ディスク移動率は5Mbsと等しいかまたはそれ以下である

9

ディスク移動率は10Mbsと以上5Mbs等しいかまたはそれ以下でありではない。

10

ディスク移動率は以上10Mbsである

11

回転速度の許容は以上の0.5%である

12

利用できるデータストロボのオフセットの選択

13

利用できるトラックオフセットの選択

14

フォーマットの速度の許容ギャップは要求した

15

非磁気ドライブ(0)のために確保される


ATAの(付属品で)指定で与えられるようにドライブ情報ブロックのフォーマットの記述は次のテーブルで与えられた:

オフセット

サイズ

記述

00H

単語

概要ドライブ構成

02H

単語

シリンダーの数

04H

単語

予約

06H

単語

頭部の数

08H

単語

トラックごとの不定様式バイトの数

0AH

単語

セクターごとの不定様式バイトの数

0CH

単語

トラックごとのセクターの数

0EH

6バイト

独特な売り手

14H

20バイト

asciiの通し番号、(指定される0000H=not)

28H

単語

緩衝タイプ

2AH

単語

512のバイトの増分(指定される0000H=not)のバッファ・サイズ

2CH

単語

ECCバイトの数は読み書き長い命令で0000H =指定されなくて渡った

2EH

8バイト

ascii、0000H=notのファームウェア修正は指定した

36H

40バイト

ascii、0000H=notの型式番号は指定した

5EH

 

単語

 

 

00H =実行されない読み書き多数命令他のxxH = (読まれるの割り込みごとに移り、多数命令を書くことができる)セクターの最大数ビット、ビットの7-0独特な、15-8年売り手

60H

単語

0000Hは=ダブルワード入力/出力を行うことができない
0001Hは=ダブルワード入力/出力を行うことができる。

62H

単語

15-9年かまれて(0=reserved)、
かまれた8 (支えられる1=DMA)、
独特なかまれた7-0売り手。

64H

単語

予約

66H

単語

ビット15-8年PIOデータ転送周期のタイミングモード、独特なビット7-0売り手の

68H

単語

ビット15-8年dmaデータ転送周期のタイミングモード、独特なビット7-0売り手の

6AH

 

単語

 

ビットは15-1確保した、
かまれた0 (1=the分野は変換モードでである有効報告した、
変換モードで報告される0=the分野は有効かもしれない)

6CH

単語

現在のシリンダーの数

6EH

単語

現在の頭部の数

70H

単語

トラックごとの現在のセクターの数

72H

DWORD

セクターの現在の容量

76H

単語

予約

78H

136バイト

定義されない

100H

64バイト

独特な売り手

140H

96バイト

予約

 

Sample Chapters from book DATA RECOVERY WITH AND WITHOUT PROGRAMMING by Author Tarun Tyagi
Data Recovery with & without Programming


Publishers of the Book
Number of Pages
ISBN
Price of the Book


BPB Publications, New Delhi, India
540
81-7656-922-4
$69.00 (Including Shipping Charges, Cost of Book and Other expenses, Free Source Code CD included with the Book)





Buy Data recovery Book

Previous page

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20

Next page

© Copyright 2002-2005 DataDoctor.Biz

Home | Contact us | Downloads | Services | Terms and conditions | Site map

Website Data Recovery | recuperación de Datos | Récupération de données | Datenrettung | Recupero dati | データ復旧 | 데이터 복구 | 数据恢复 | Восстановление данных | De terugwinning van gegevens | Ανάκτηση δεδομένων
Sitemap Site map1 2 3 4 | Spanish1 2 3 | French1 2 3 | German1 2 3 | Italian1 2 3 | Portuguese1 2 3 | Japanese1 2 3 | Korean1 2 3 | Chinese1 2 3 | Russian1 2 3 | Dutch1 2 3 | Greek1 2 3
Data Recovery Book English | Spanish | French | German | Italian | Portuguese | Japanese | Korean | Chinese | Russian | Dutch | Greek